TASK公式TwitterTASK公式TwitterTASK公式facebookTASK公式facebookTASKお問い合わせTASKお問い合わせTASKリンクTASKリンク

task.indextask.indexTASKニュースTASKニュースTASKとはTASKとはTASK事業紹介TASK事業紹介TASKものづくり大賞TASKものづくり大賞TASKデータベースTASKデータベース

HOME > News Top > 令和元年度(ニュース一覧) > 第4回デザイン活用セミナー&相談会を開催します

R1/12/11更新

棒アクセント.png(令和2年1月30日(木)実施)
第4回デザイン活用セミナー&相談会
~「「モノづくり」から「ファンづくり」へ デザインで価値創造」~を開催します

デザイン活用セミナー&相談会
(令和元年度TASKデザイン中心製品開発事業)
task_4_r20130_designseminar_p_1.jpgtask_4_r20130_designseminar_p_1.jpgtask_4_r20130_designseminar_p_2.jpgtask_4_r20130_designseminar_p_2.jpg


「当社の技術をいかした新製品や営業ツール開発って、どうやればいいの?」

「機能はいいのに、なんで売れないの?」

「どうやって製品を魅せたらいいの?」


こんなお悩みを経験豊富なデザイナーに話してみませんか?

デザイン活用セミナーでは、販路拡大をメインテーマにBtoC製品の新事業立ち上げについてご講演をいただきます。

革製のミニチュア動物フィギュアを、水と指だけで手軽に手作りできるクラフト玩具、篠原刃型の「レザープラネット」。平成24年第7回TASKものづくり大賞を受賞したこのユニークな商品は、どのような発想から生み出され、いかにして販路を拡大、本業との相乗効果を生み出すに至ったのでしょうか?同社レザープラネット事業部 部長 篠原佳介氏とインダストリアルデザイナー堀越敏晴氏にご登壇いただき、事業開発におけるデザインの役割という視点から、同商品の成功のポイントを語り合っていただきます。

開催日時・場所
日時:令和2年1月30日(木) 午後6時~
場所:浅草文化観光センター (台東区雷門2-18-9)


内容
第1部:デザイン活用セミナー(開場午後5時30分 午後6時開始)
テーマ:「「モノづくり」から「ファンづくり」へ~デザインで価値創造」
▷講師:有限会社篠原刃型 篠原 佳介 氏
▷講師:有限会社CWs     堀越 敏晴 氏

▷篠原佳介氏プロフィール:有限会社篠原刃型レザープラネット事業部長。大学卒業後建築設備メーカーの営業を経て同社入社。自社初となるBtoC商品「レザープラネット」の営業・生産・マーケティングを担当、百貨店・大手小売店・レジャー施設における販路を開拓。この商品が話題となり、本業である抜型事業の業績にも好影響を与えている。TASKモノづくり大賞第7回「大賞」、第8回「奨励賞」、第13回「優秀賞」を受賞。
ホームページ(篠原刃型): http://yu-factory.com/
ホームページ(レザープラネット販売ページ): http://leatherpla.ev.shopserve.jp/

▷堀越敏晴氏プロフィール:有限会社シーダブリュエス代表取締役。日本コロムビア(現デノン)、(株)ニトムズ、(株)クリセンを経て、2002年にCREATIVE WORKSHOP/シーダビリュエス(CWs)設立。生活用品、収納家具、収納家具、工作機械などの分野で、デザインと企画・商品開発コンサルテーションをおこなうほか、地域産業活性化プログラムも手がける。
ホームページ: http://www.c-workshop.jp/

第2部:デザイン相談会(午後7時頃開始)
第一線で活躍する公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会会員のデザイナーへ、その場で個別にデザインに関するご相談が可能です。

▷参加予定デザイナー(敬称略):
小林 浩一松本 有浅香 喬、忠嶋 肇、堀越 敏晴北村 洋一北村 光彦武者 廣平、坂野 博行、鉢呂 文秀、三津井 宏、吉田 晃永

定員
30名程度(1社2名程度、先着順)
(デザイン相談会については先着12社までの受付となります)

申込期限
第1部と第2部両方 1月23日(木)
※第1部のみ参加される場合 1月28日(火)まで

参加資格
・5区内に事業所を有する中小製造事業者であること。デザイン活用セミナーのみ、5区事業者と連携する意向のある他区事業者も参加可能。
・一般消費者向け製品及びB2B事業や向け技術力PR製品を開発中または開発を計画している事業者であること(B2B専業の事業者のご参加もお待ちしています!)
・守秘義務契約を締結できること。
・第2部へ参加希望の場合は、試作品または自社製品を持参できること。

申込方法
参加資格をよくお読みいただき、お申込みフォームもしくは、下記「案内チラシ(申込書)」に必要事項をご記入の上、メール・ファックスにてお申込みください。
また、第2部参加希望の場合は、以下の資料を添えてお申し込みください。

■要添付資料(第2部参加希望の場合)
・持参製品の概要等がわかる資料
・会社概要

■お申込み
メール  :keieishien@city.arakawa.tokyo.jp
ファックス:03(3803)2333
お申込フォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/9ad179f2185450

■ダウンロード
案内チラシ(申込書)
※申込書裏面最下部に記入欄がございます。

本件に関するお問い合わせ先
TASKプロジェクト推進委員会事務局
[TASKデザイン中心製品開発事業 担当(荒川区経営支援課)]
電話:03-3802-3111(内線459)
メール:keieishien@city.arakawa.tokyo.jp

r1.png