TASK公式TwitterTASK公式TwitterTASK公式facebookTASK公式facebookTASKお問い合わせTASKお問い合わせTASKリンクTASKリンク

task.indextask.index東京TASKからのお知らせ東京TASKからのお知らせ東京TASKとは東京TASKとは事業紹介事業紹介東京TASKものづくりアワード東京TASKものづくりアワードデータベース・お問い合わせデータベース・お問い合わせ

審査と受賞後の流れ


※上記は予定となります。一部変更となる場合があります。

東京TASKものづくりアワードのご応募に関して


応募要領をお読みになり、必要書類にご記入の上応募してください。



クリックで応募概要ページへジャンプ


有識者による専門審査会


応募製品、応募時のPR等を吟味し、大学教授、流通業の専門家、デザイナー等の有識者が得点をつけます。なお、審査会は非公開で行われます。


受賞製品決定、表彰式


入賞製品決定後、結果は東京TASK事務局から連絡が入ります。その後表彰式が行なわれ、賞金と賞状が授与されます。

東京インターナショナルギフトショー出展

日本最大級の国際見本市

入賞者はパーソナルギフトと生活雑貨を取り扱う見本市の中で、日本最大級の規模を誇る国際見本市、東京インターナショナル・ギフト・ショーに無料出展ができます。2020年に開催された東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020では、3日間を通しての延べ来場者数は181,584人と発表されています。

原則として入賞者全員にブースに立っていただくため、人が人を呼び込み、TASKブースは常に賑わいを見せます。それに合わせ、ブースのレイアウトも開放的なものをデザイン(1製品の展示スペースは賞に合わせ60cm~1m程度)。
東京TASKものづくりアワード受賞がきっかけで商材系見本市に初出展される方は少なくありません。
新規顧客開拓はもちろん、バイヤーとの関わり方、来場者の多さ、展示会における立ち回り、展示レイアウトの研究、そしてギフトショーの優位性などを期間中に体感することができます。また、関係者同士の交流も盛んに行なわれるため、企業間ネットワークも拡大。このギフトショー出展がきっかけで商談に繋がった事例も多数ございます。